業者選びに役に立つ飲食店に関連した業者をご紹介します。

飲食関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

飲食店のチェーン店と個人店の違いは何ですか?

飲食店の中には全国展開しているようなチェーン店と個人店があると思うのですが、どちらのほうが満足できる食事ができるのか悩んでいます。
そこで、飲食店を選ぶ際にチェーン店と個人店にはどういった違いがあるのか、どちらを選べばいいのか、ポイントを教えてください。

回答

価格や味、素材などが大きく異なる


飲食店の中にはチェーン店と個人店があるのですが、それぞれに特徴が異なっており、一概にどちらのほうがいいのか決めることはできないのですが、それぞれのお店がどういった傾向があるのかを知ることはできます。
チェーン店は基本的に価格はどこのお店も同じであり、レシピも同じなため味もお店ごとに違いはなく、素材も仕入先は共通しており、安定した味を求めている人にとってチェーン店は安心できる存在といえるでしょう。
自分のお気に入りのチェーン店を決めることができたならば、基本的にチェーンのどのお店に行ったとしても同じ味を楽しむことができるため、たとえば、引越し先の飲食店をよく知らなかったとしてもチェーン店を選んでおけば失敗しません。
また、チェーン店はこれまでの膨大なデータが蓄積されており、マーケティングもしっかりとしているために、好みの問題はあるのですが、それほどまずいお店に出くわすということはなく、無難な味となっていることが多いです。
価格についてもチェーン店は大量に仕入れていることからリーズナブルな素材をたくさん使うことが可能であり、たくさんの店舗があれば利益も安定するため、価格を下げやすく、リーズナブルなお店がたくさんあります。
一方、個人店の場合は、それぞれのお店ごとに状況は大きく異なっているのですが、基本的に価格は高く設定されていることが多く、味についてはチェーン店よりも挑戦していることが多く、そこでしか味わえないようなものを出してくれるでしょう。
素材からこだわっているような飲食店も存在しており、高級食材を用いているお店や独自のルートで新鮮な野菜や肉などを仕入れているお店もあり、チェーン店とは違った特色があります。
ただし、個人店は基本的に個性の強いお店が多い傾向にあり、あまりマーケティングに力を入れていないお店が多いため、無難な味を目指すよりも個性を出そうとしてくるお店のほうが目立ち、自分の舌に合わないお店と出会ってしまう可能性は高いでしょう。
個人店はたくさんあるため、その中には自分と相性の悪いお店もたくさんあるでしょうが、その中から自分好みのお店を見つけることができれば、とても満足できます。

PageTop