業者選びに役に立つ飲食店に関連した業者をご紹介します。

飲食関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

負担が少なく、1人で始められる飲食店はありますか?

これまでサラリーマンでとして企業で働いてきました。思い立つことがあり、会社を辞めて自分で1人で何か飲食店をしようかと考えています。初期経費があまりかからず、1人で出来る形態が希望です。調理師免許を持っていないのですが、大丈夫でしょうか?料理を出すお店と言うよりは、実店舗を持たないカフェで、移動ワゴン車などでサンドウィッチやコーヒーなどの販売が出来たらとイメージしています。素人の自分ですが、始めるのは難しいですか?どのような手続きが必要かアドバイス頂けると嬉しいです。

回答

移動販売店は負担が少なめで始めやすい業態です


固定された店舗で運営する飲食店を始める場合には物件を購入したり、賃貸することに加え、設備や備品、人を雇う場合には人件費など莫大な資金が必要となります。一方、移動販売店は車両が要ですが、移動販売用に仕上げられたものが数多く中古で販売されているため、低コストで購入することが可能です。車両はどこでも自由に停車して販売できるわけではありませんから、配置する付近の固定店舗や企業などに許可を取ります。水道施設やガスの補充をすれば営業できる状態になります。
人に食べ物を販売する場合に必要な許可や資格は、営業許可証と食品衛生責任者証の2つです。出店したいエリアの保険所に出向き許可申請しましょう。個人営業のため人件費がかからず、低コストで営業が始められる移動販売店は固定店舗と違い、営業時間や曜日が自由に設定できることも魅力です。営業時間を絞れば光熱費も節約できますし、その立地、お客さんの流れに応じて調整できるのがメリットの一つです。悪天候の日やどうしても出店出来ない状況になった場合でも対応出来ます。移動販売店は販売のみを行うスタイルですから立地条件がなく、集客率の良い場所へ移動すればいいので損益のリスクが少なくて済みます。スーパーの駐車場やイベント会場の近くで営業の許可がもらえればそこで営業出来ます。1ケ所にとどまることなく営業できるため、常に新しいお客さんを得られる可能性があります。
そのようなことから近年、移動販売店、キッチンカーを開業する人が増え、よく目にするようになりました。競争相手がいる中で成功していくためには他店との差別化が必要になってきます。メニューに個性を出したり、オーガニック素材を使用したり、レストランにないものや興味をそそるアイデアがなくては埋もれてしまいますから、よく研究することが大切でしょう。

PageTop