業者選びに役に立つ飲食店に関連した業者をご紹介します。

飲食関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

飲食店を成功させるには?

もともと自分のお店をフランチャイズ化することを目的で、一号店と名付けて3年前に独立しました。
十分な開店資金はありませんでしたが、銀行からの融資も受けることができて、立地が抜群の居抜き物件を見つけることができたので、開店から予想以上の集客を得られて、お陰様で銀行からも2号店のための融資も考えてもよいという嬉しい提案をいただきました。
ただし、1号店を運営している中で、思うようにいかないこともいろいろあって、その一つが居抜き物件ということで、厨房の作業がスムーズにいかないことです。
お客様が少ない時は問題ありませんが、回転率をあげたくても料理を提供する時間で作業効率が悪くてどうしても限界があり、2号店をオープンする時には居抜き物件だとしても、もっと作業効率が良くなるように、きちんとレイアウトを変更しなければいけないと考えています。
それと、お客様の要望に応えて、メニューを増やしたがために食材が余って、その分利益率に影響が出ているのですが、それを解消する方法やアドバイスがあれば教えてください。


回答

作業がしやすい効率の良い厨房づくりを。


確かに居抜き物件の場合は、一通りの設備が整っていることから、コストを抑えて飲食店をオープンできるため、すぐに利益を出せる大きなメリットがあります。
ただし、すでにレイアウトが決まっているため、どうしても作業効率が悪くなり、お店の回転率に影響を与えてしまうケースも少なくありません。
そのため、居抜き物件だとしても、事前に効率良く動ける厨房づくりが大切となり、多少費用がかかっても、これまでの不便だった点を教訓にして、効率良く動ける厨房づくりを必ず行いましょう。
回転率の高い繁盛店をつくるためには、少しでも効率良く料理を提供できるようなシステムを確立する必要があります。
また、料理に時間がかからないようなレイアウトにすれば、人件費を抑えることも可能となり、その分利益を高めることができます。
飲食店に限らず、最も負担がかかる経費は人件費です。
メニューに関しては、多いにこしたことはありませんが、食材が余っているようなら、ある程度の数に絞ることをおすすめします。
一般的な飲食店の原価率が3割で、食材が余らなければ問題ありませんが、そうでなければ原価率がもっと高いということで、売れない料理が多い分、売れている料理の利益を食いつぶしていることになっています。

PageTop