業者選びに役に立つ飲食店に関連した業者をご紹介します。

飲食関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

飲食店の開業を考えています。開業までの流れを教えてください。

現在飲食店で勤務しているのですが、人間関係や勤務体制でストレスを感じて体調を崩してしまいました。現在は体調が回復するまでお休みを取っている状態です。
しかしながら料理を作ることは好きで今後も継続していきたいと思っているので、近い将来には自分自身で飲食店を開業しようと考えています。
飲食店開業の場所としては、田舎なのですが実家付近にある父親の所有している土地の一部にお店を作り、始めるつもりでいます。
この場所は市街調整区域となっている場所ですが、そのような場合でも飲食店を開業することは可能なのでしょうか。
また今後開業するにあたって、必要な手続きや流れを教えてください。

回答

市街調整区域だと一部制約がある場合があります!飲食店開業の流れについてもご説明します。

まず、市街調整区域という立地についてご説明します。
市街調整区域にある店舗の基準として「市街化調整区域に居住している者の日常生活に必要な店舗」というものが設けられています。その中に「一般飲食店」という括りがありますので、飲食店の開業自体には問題ないと考えられます。

ただし「主としてアルコールを含まない飲料を飲食させるもの。」という規則がありますので、質問者様がどのような飲食物を取り扱いたいかによっては、難しい場合もあります。
飲食店は店舗の立地がとても重要となります。飲食店で取り扱うメニュー内容と立地条件が合っていないと集客ができず、経営に困ることも考えられます。

まずはご自身で開業したい飲食店のコンセプトがあるようであれば、それを踏まえた上で店舗選びをすると良いでしょう。

また手順に関してですが、内容としては以下の通りになります。
1,開業したい飲食店のコンセプトを決定
2,開業する店舗の決定
3,事業計画の設定(収支のシミュレーションなど)
4,資金の用意(自己資金、知人からの借入、融資など)
5,店舗の施工
6,メニューの開発
7,備品準備
8,保健所など諸官庁へ所定手続き
9,人を雇う場合は求人を出す
10,スタッフの研修
11,販促
12,オープン

これらが開業までの大まかな流れとなります。ただしこれらの手続きをお人で全てやろうと思うとかなりの労力と時間がかかりますので、資金に余裕がないなどの特別な理由がある場合を除き、行政書士や社会保険労務士等に手続き補助をしてもらうとスムーズに進むでしょう。
また当該サイトでも飲食店運営や経営に際しての情報を開示していますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

PageTop