業者選びに役に立つ飲食店に関連した業者をご紹介します。

飲食関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

飲食店で残っていくためには何が一番必要だと思いますか?

私は横浜で飲食店を始めて10年、試行錯誤しながらここまでやってきましたが壁にぶち当たっています。競合する店が多いこと、味にこだわっていても他の店との差がなかなかつけられないこと、グルメサイトなどに搭載していますが経費が掛かり、費用対効果が得られないことなど悩みばかりが増えています。飲食店ですから料理あってのものとこだわってきましたが、他の店でも同じこと。いろんな面で他にない個性を出すことに限界を感じていますし、お客様が特別なことを求めているようにも思えなくなってきました。競合の多い横浜で新しい店が出来ては消え、が繰り返されているのをずっと見てきています。これからも維持していくために何が必要でしょうか。飲食店で残っていくための秘策があれば教えてください。

回答

より丁寧な分析とアイデアが必要でしょう


競合の多い都会で成功し、維持していくのは簡単なことではありません。その中で10年という実績を残していることをまずは誇りに思うべきだと思います。また、その10年という経過の中にある財産を有効に活用することが重要ではないでしょうか。様々な分析が出来る材料があるはずです。競合店が多いことやそれぞれの特徴、どの店が人気があるか、それは何故かなどもう少し深く研究される必要があると思います。
SNSをどのように使いこなすかで注目度が変化する時代です。同レベルの美味しさ、金額、雰囲気であってもSNSの更新が頻繁であったり、お客様の投稿が多いと注目度が伸びます。お店を探している人からもキャッチされやすく、人が人を呼ぶ相乗効果を生みます。SNSにUPしたくなるお店、料理、雰囲気であるか、自慢したくなるお店であるかなど、利用される人の目線となり客観的に考えられるアイデアが必要ではないでしょうか。その意味ではSNSを重要視している世代のスタッフを採用したり、外部の機関に委託するのも一つの方法でしょう。
マーケティングの仕方によりお店の存在が価値が全く変わってくると思います。また、先を見越したニーズへの対応も一つのヒントです。高齢化社会や未婚者の増加、少子化といったキーワードをどのように捉え、ご自身のビジネスに反映するかがアイデアになるのではないでしょうか。その点では同業者だけでなく異業種のビジネス展開もチェックする必要があります。
まずはすぐに出来ることから始め、長期的なビジョンは計画的に進めることが必要でしょう。

PageTop